« 梅まつり | トップページ | 梅まつり  part② »

2010年2月24日 (水)

号外 (パークインに黒鳥が来た)

今朝早くパークインに行ったら珍しい珍客がいた。

今年初めてだそうだが黒鳥3羽が白鳥や鴨などと仲睦ましく戯れていた。

1

白鳥は優雅に泳ぎカメラマンや見物人の注目を集めるが、何処から来たのか黒鳥はその分愛嬌を振りまき人懐こく近付いてくる。

羽を広げたとき、羽先が白かったのは意外である。

3

有名な「白鳥の湖」では悪魔扱いの黒鳥も近くで眺めると可愛らしく差別扱いしては気の毒である。

2

偕楽園の白・紅梅は次回に投稿いたします。

« 梅まつり | トップページ | 梅まつり  part② »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

黒鳥は先週多々良沼にいたそうです。
渡良瀬川に居たのと同じだと思います。
あちこちに行ってるみたいですね。
でも珍しい鳥なので、飛び立つところを見てみたいですね。

白鳥と一緒に多々良沼へ飛んでくるかもしれませんね。

写真を撮ることは記憶に記すこと、それには丁寧な観察が、当然、必要になると思います。さすがですねぇ~。黒鳥の広げた羽先は「白」、孫たちには、この写真を見せることにいたします。ありがとうございます。
発見したり、勉強になったり、これからも自然の息吹、よろしく願います。

最後の写真、もう少しでハートですね。
偕楽園から林太郎さんを追いかけて
きたんじゃないですか♪

コクチョウの羽先が白いのは、自分も
知りませんでしたヾ(´▽`;)ゝ

hokepieさんへ
先週多々良沼にいたのですか。
渡良瀬川のことはhokepieさんのブログで知りましたが、餌の関係なのか移動しているのですね。

・・・と言うことは運が良ければ飛び立ちも着水も見られると言うことなのですね。

マグレの木さんへ
話には聞いたことありますが、間近で見るのは初めてなので楽しめました。
我が町も更に有名になればと心が弾みます。

小太郎さんへ
黒い体に黒い羽、そして羽先が白いとは驚きました。
珍しいので暫らく眺めていました。

丹頂鶴は白い体に羽先が黒いので逆のようですが、
鶴のように優雅で美しく見えないのが、楽しませてくれるのが黒鳥ですね。

林太郎さん良い写真ですね。

私も黒鳥が今年は飛来してきたというのをテレビで拝見しました。実際ブログで拝見するのは初めてです。
本当に羽を広げると先が白いのですね。

最後の二羽が仲良く語らえでいるところが最高ですね。

kenさんへ
kenさん撮影の丹頂鶴を拝見しましたが、黒鳥とは全く正反対の色彩ですね。
当地の白鳥や黒鳥だけでなく、チャンスがあったら本物の丹頂鶴を拝みたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅まつり | トップページ | 梅まつり  part② »