« おタヌキ様を見習おう | トップページ | 鶴生田川の夕暮れ »

2009年12月22日 (火)

沼辺の吹奏

寒波が通過し暖かな小春日和となったのでいつもの城沼コースを心地よく歩いていると、心に響くようなミュージックが聞こえてきた。

第二公園脇の「おびきばし」の下で還暦前後の男性がテナーサックスを奏でている。

22

この時季の澄んだ空気や何も遮るものがない水辺のためか、その音色が素晴らしく遠方まで響いている。

24

演奏曲はマヒナスターズの「誰よりも君を愛す」で、かなりの楽譜を持ち吹きこなしているようだが演歌が主体のようなので、クリスマスソングは残念ながらリクエストできなかった。

持参のCDとの共演がピッタリで散歩人も立ち止まり聞き惚れている。(ちょっとした沼辺ライブ・・・か

21 趣味で始めて6年目だそうだがかなりの腕前である。2~3人の仲間と楽しんでいたのだそうだが仲間が入院したので練習できなくなり出てきたのだと・・・。

23 とても真似ることは出来ないがこんな趣味を持つ人生って楽しいのだろうなあー。

« おタヌキ様を見習おう | トップページ | 鶴生田川の夕暮れ »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

ジャズを聴く時、管楽器の中ではティナーサックスが一番いい。しびれる低音はセクシーな感じでもある。音楽は情操を、感性を豊かにもする。のではないだろうか?
今日は冬至である。風邪に罹らぬよう「柚子」の風呂に入った。江戸の時代、庶民が生活の中から、風邪に効能がある「柚子湯」が流行った。効果を期待しての入浴だったが・・・。

最近ウチの次男もサックスに興味を持ち、先日ついに購入してしまいました。ただ、全くの素人なので家の中では聞くに堪えず、練習場所を探しています。やっぱり沼辺とか河原になるのでしょうね。

沼のほとりでテナーサックスを奏でている・・
何か良い雰囲気だね~ 曲も「誰よりも君を愛す」なんて
洒落ているんじゃない?・・北海道なら沼も凍って指先が
悴んでサックスを吹けないようですが ホワイトクリスマスで
「クリスマスソング」を奏でてほしいね~

おはようございます^^
おお、凄いなぁー♪
ここってとても寒そうだもの、やる気がない人には無理だよね!!!
こういう前向きな人って環境に関係なく頑張れるんだなぁーっと
改めて凄いな・・と思いますよ♪
ギターの人は多いけれど、テナーサックスって珍しくないですか?
お仲間も早く回復して一緒に練習出来ると良いですね♪
それまで頑張ってね、おじさん^^

マグレの木さんへ
「低音の魅力」を売りにした歌手がいたが、沼辺で心に響く音でした。
残念ながらジャズではなく演歌でしたが・・・。

ゆうき父 さんへ
私は全くの音楽音痴ですが、聴くことは好きなのです。
サックスの低音は心に響きますね。
近所迷惑にならないように練習できる場所があると良いですね。

sibuyaさんへ
北海道では本物の「ホワイトクリスマス」なのですね。
当地では12月中の雪など考えられないので、
それが良いのか悪いのか寂しいものです。
でもやっぱり演歌がいいなあーー。

理彩也さんへ
テナーサックスの低音は心に響くものがありますよ。
音楽音痴の私でも素敵だと思うし一緒に歌いたくなります。

最近お目にかかるようになったのだが、今日は残念ながら
休演のようです。

すてきなライブに出会えましたねぇ。
テナーサックスの低音がここまで聞こえて
くるようです。
演歌、似合いますよね。

林太郎さんも写真の趣味があるじゃない
ですか。
お互いがんばって楽しみましょ♪

サックスは吹けないけれど
写真を撮って楽しみます。
写真も趣味・・励ましありがとうございます。

林太郎さん、素晴らしいですね。

城沼で一人でテナーサックスですか、一日中聞いていたい気持ちになりますよ。ほかに誰もいないのですか。
もったいないですね。

kenさんへ
演奏者は一人でしたが散歩人が立ち止まって
聞きほれてました。
沼辺に響くサックス音とその珍しさに、私も
演歌大好き人間なので楽しんでました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おタヌキ様を見習おう | トップページ | 鶴生田川の夕暮れ »