« わたらせ遊水地 | トップページ | 秋色散策 ⑧おわり »

2009年11月11日 (水)

秋色散策 ⑦想い出の銀杏

市内の秋色も今年は間もなく見納めかも・・・・・・。

木造校舎をはじめ当時の面影はないが60有余年前の我が母校の入り口である。

現在も第六小学校として存立しているが、両脇には保育園・幼稚園が設立され様変わりしている。

2

満開の桜が校庭の周囲を取り巻いていたのは記憶しているが銀杏は想い出にない。

1

あの時可愛いかったあの娘たちは今も元気だろうか?。

4

黄葉しきれない青い葉の残る銀杏であるが、当時を偲ぶのに十分な一時であった。

« わたらせ遊水地 | トップページ | 秋色散策 ⑧おわり »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
おお~ これは見事な黄葉ですねー♪
こんなに並んで黄葉しているのは初めて^^
素晴らしい~☆
母校がこんなに綺麗に彩られていたら、毎年行かねば。。。(笑)
理彩也は初めて見ましたが、行くチャンスがあったら見てみようーっと。。。

場所はともかく秋の色はきれいですね。
でも学校は近付くとアレルギーが出そう(・・・)。

素晴らしいイチョウ並木ですね~
ここを通って、学校に通ったかどうかは
記憶に無いのですね…
今、自分の小学校にも大銀杏があったのを
思い出しました。
水戸の出身ですが、駅の近くに銀杏坂と
いう坂もありました。

小太郎さんへ
大切なことや肝心なことは記憶にないのに
どうでも良いことだけは思い出すから不思議である。

時には母校訪問も若返りの秘策になるかな・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わたらせ遊水地 | トップページ | 秋色散策 ⑧おわり »