« 城沼遊歩道 | トップページ | 彦部家住宅 その② »

2009年11月22日 (日)

桐生市 彦部家住宅 

市内散歩を逸脱して桐生市広沢町の国重要文化財・彦部家住宅に、市街地散策の一つとして出かけた。

彦部家は、7世紀後半天武天皇の皇子高市親王を祖とする旧家で、主家のほか冬住み、長屋門、文庫倉、穀倉が重要文化財に指定されている。これらの建物は全て江戸時代に建築されたものである。(重要文化財 彦部家住宅資料より)

8

平成10年から保存修理工事が行われ12年12月に完成した。(重要文化財 彦部家住宅資料より)

1

この季節恒例となった「紅葉狩りウィーク」が21日から開かれ今年が8回目のようである。

11

紅葉に染まる美しい庭園

4

趣のある主家

5

「草木染め」の実演や「彦部家屋敷昔語り」またフィナーレ合唱コンサート等のイベントが予定されている。

29日まで。入場料 500円。 

« 城沼遊歩道 | トップページ | 彦部家住宅 その② »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

きものの広告を作るのが仕事なので
桐生にはなんどか通いました。
わらぶき屋根に紅葉、とっても
似合っていますね。

おはようございます^^
これはまた風情のあるお家ですねー♪
お庭も広そうですね^^
こうやってみると、昔の家は庭にも木々がいっぱいあり
花鳥風月を愛でながら暮らしていたのでしょうね、きっと。。。
フォーシーズンある日本ならではの素晴らしさがありますね♪
いろんなイベントがあるというのは今風で、それはそれでナイス☆彡 (^^)

小太郎さんへ
小太郎さんは仕事関係で桐生を訪れることがあるのですか。
私は青春時代を桐生で過ごしたので懐かしさ一杯です。

「紅葉狩りウィーク」とは看板倒れですが建物は趣があります。
もっと綺麗に撮れていればよかったのですが・・・・。

理彩也さんへ
桐生市街地の東南の渡良瀬川右岸に位置し
広大な敷地に中世の城館の構えです。
イベントはこの期間だけで通常は庭園や住居が
拝観が出来るようです。

久々にプログを開けました。な・・・なんと、桐生ではないですか。倅が広沢に居を構えておりまして、大分前になりますが見学を致しました。国からの補助があっても茅葺の葺き替え時は大変だろうなぁ~。と感じたのを覚えております。また、当時の質素な暮らし振りと、今とでは隔世の感は否めない印象を抱いたのも・・・。
「質実剛健」なんて言葉は、今の世では、コレッポッチも聴くことがなくなりました。
どうなんでしょうねぇ~。

マグレの木さんへ
築50年余の我が家を思いその建築様式の素晴らしさに驚いています。
我が家も彦部家にあやかり、私が没するまで倒壊しないで欲しいと願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 城沼遊歩道 | トップページ | 彦部家住宅 その② »