« 天空の橋 どうなる?? | トップページ | 秋色散策 ②山里 »

2009年10月17日 (土)

秋色散策 ①野反湖

舘林から離れることの少ない年寄りが、秋の行楽日和に誘われて紅葉を求めて野反湖散策に出かけた。

2,000m級の山々に囲まれ群馬・長野・新潟の県境に位置し周囲12kmのダム湖で、樹々の燃えるような紅葉と抜けるような青空を湖面に映し出すとの案内であったのだが・・・・・。

ナナカマドなどの紅葉は見られなかったが、一面を敷き詰めた熊笹とススキの穂が湖面と相まって素晴らしい景観である。紅葉ではなく黄葉ではないのだろうか??。

野反湖は表日本と裏日本の中間にあるため気候の変化が激しく、晴れていたのに風が強く時折雨交じりで気温9℃に震えたものだ。

周囲の白樺林が雰囲気を盛り上げてくれたが、紅葉狩りには寒さもに襲われて少し早かったのかも・・・残念。

26

28

31 29

22

24

27

« 天空の橋 どうなる?? | トップページ | 秋色散策 ②山里 »

「気紛れ写真」カテゴリの記事

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
うわー 雨になりましたか。。。
でも、チョット早かったとはいえ、初秋の良い雰囲気の風景が見事ですよ♪
理彩也が行ったときは、ノゾリキスゲがいっぱい咲いていましたが
やっぱり、雨に降られだ思い出が蘇って来ました^^;
降りやすい地域なのでしょうか?
でも、この時期の雨はシトシトと降るので、秋らしさも増してナイスです♪
あ、風邪は引きませんでしたか?

林太郎さん、凄いですね野反湖まで遠出したのですか。
紅葉がいまいちのようでしたか。
寒いようでしたね。

前回のブログアップはいま有名なヤンバダム建設途中の様子ですね。
これで見ても中止は少しもったいないようですね。
良い写真を拝見しました。

理彩也さんへ
久しぶりに遠出してのカメラ遊びだったのに、時季尚早の紅葉に時折小雨の寒さで残念な旅でした。
次回訪れるときの下見をしたと思い自己満足するしかない。

今度は「ノゾリキスゲ」の満開時に行ければいいなあー。

kenさんへ
紅葉には少し早かったようで絶好の紅葉狩りとはいきませんでした。
それに行楽日和だったはずなのに時折小雨の寒い一日でした。
やはり普段の心がけが悪かったのかも・・・。

六合村には自然が一杯、排気ガスとは縁遠いこの白樺は、幹の白さはいいものです。ところで「ダケカンバ」も幹が白い、同じ仲間、素人なれば「白樺」でもいいのじゃないかと思っています。が・・・。
帰りには、尻焼温泉に浸かるのも一服の癒し。でも、自然はいいなぁ~。

本当に自然は良いものですね。
久しぶりの遠出で心が癒されました。
しかしいくつかの温泉を素通りしたのが残念でした。

野反湖にはここ2年通ってますが、
ノゾリキスゲの季節だけ。
秋も美しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天空の橋 どうなる?? | トップページ | 秋色散策 ②山里 »