« 茂林寺フラタヌキ | トップページ | 昼散歩五七五 »

2009年8月18日 (火)

子白鳥のその後

城沼で今年誕生した七羽のコブハクチョウが大きく成長し元気にハスの間を泳いでいる。

何れが親白鳥か子白鳥か親子の区別は出来ない。しかし産毛ではないだろうが茶毛が5羽と白毛が4羽の9羽(家族総出で)で睡蓮を眺めながら遊泳している。

水鏡に映ったわが姿にウットリする美白鳥

1

睡蓮の傍で休憩する子供を見守る親白鳥

3

見事に館林の猛暑に順応した白鳥の親子

2

« 茂林寺フラタヌキ | トップページ | 昼散歩五七五 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

水面が見事な鏡になっていますね。
ナイスショットです♪

うわー 大きくなったねー♪
もう親と見分けがつかないかもねー^^
理彩也が子白鳥を見に行ったときには出逢えなかったけれど
やぱり、たまーに行く位では出会いないですよね^^;
綺麗な睡蓮の花の中をスイスーイと泳ぐのも優雅な白鳥ですよ♪
会いに行きたいなぁー^^ 

小太郎さんへ
白鳥は寒い地方だけでなく猛暑の舘林でも生きられるようです。
これからも見守っていくことにします。

猛暑の舘林でも元気に育ったようです。
でも・・・やはり暑いのかグッタリして元気のないのもいるし、お昼寝の時間も長いようだ。
間もなく秋そして冬まで頑張って欲しいものです。

理彩也さんへ
上記コメント返しで宛名を記さず申し訳ありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 茂林寺フラタヌキ | トップページ | 昼散歩五七五 »