« タヌキの七変化 | トップページ | 子白鳥のその後 »

2009年8月14日 (金)

茂林寺フラタヌキ

例年なら35℃以上の猛暑が続く舘林なのに、今年は8月になっても梅雨のような雨や曇りの蒸し暑い日が続いたのに、ようやく夏らしい今時の暑さとなった。

そんな異常気象でも(竜巻の襲来・大雨や台風9号)茂林寺タヌキのフラダンスは継続中である。

1

4 もちろん「お盆」なのでお墓参りに訪れる人のために踊り続けているのだろうが・・・。

お線香を持って境内に入り「あれっ・そしてニコッと」笑顔になる墓参人をみて満足そうなタヌキさま。

今朝も散歩中に境内を覗いたら、人々を楽しませてくれるフラタヌキの周辺を、付近の有志が丁寧に清掃していた。

21 ボランティアに支えられたフラタヌキが、人々を癒してくれるのだから茂林寺のタヌキは「おとぎ話」のようなタヌキさま!! である。

次回のタヌキイベントは何だろうと期待したくなる。

« タヌキの七変化 | トップページ | 子白鳥のその後 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

林太郎さん,城沼の白鳥は大きくなりましたですね。

子の白鳥はここに住みついているのですね。
来年の冬にまたガバ沼や城沼に行きたいと
思っていますが、どうでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タヌキの七変化 | トップページ | 子白鳥のその後 »