« 城沼の花ハス ② | トップページ | 手筒花火と挫折 »

2009年7月22日 (水)

まつり

例年雨に見舞われる「館林まつり」も今年(18~19日)は猛暑の夏まつりとなったので、老骨に鞭打って夕方から散歩を兼ねたまつり見物に出かけた。

昔は孫を連れたおばあさんや子供の手をひいたお母さんが、屋台でヒットコ面やカキ氷を買い与えて喜ばしていたものだが・・・・。

2 見る祭りから参加する祭りとなったようで、老若男女が一つになって神輿を担ぎ日頃の鬱憤を晴らしているかのようだ。また神輿の周囲には大勢が群がり暑さを吹っ飛ばすかのように一緒になって「ソイヤー」「ソイヤー」と掛け声をあげ楽しんでいる。

1 一瞬年齢を忘れその渦に飲み込まれるというより飛び込みたい衝動にかられる。

世の中の不況など忘れさせてくれる年に一度の活気ある「舘林まつり」であった。

そして次は25日の「舘林手筒花火大会」が楽しみだ。

« 城沼の花ハス ② | トップページ | 手筒花火と挫折 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

おお、お祭りでしたか。。。
あれ?友達からお誘いがなかった^^; 
理彩也も忙しいのを知っているので誘わなかったのかな? 汗 (笑)
お祭りは年齢関係なく楽しいものですねー♪
そう言えば、今週末は手筒花火があるそうですね?
撮りに行くのかしら?
撮りに行くようでしたら楽しみにしていますよ^^

理彩也さんへ
会場が近くなのでもちろん撮りに行くつもりです。
ただ、花火を撮るなどと背伸びしている自分に不安が一杯です。
理彩也さんをはじめ皆さんのブログから得たことを参考に挑戦してみます。
そして我がブログにアップできるかどうか自分で楽しみです。

暑いさなかに実施するのが「夏祭り」ですよね。14日に梅雨明け宣言された。館林のお祭りは格好の時期でした。昨日の暦は一番暑い「大暑」の日という。「山口さん家のツトム君」ではないが、どうしたのかなぁ♪♪、21日からは天気がおかしくなりました。「戻り梅雨」チョット、ロマンを感じるひびき。これは言葉や詩の世界。夏は暑くてスカッ・・・としてなきゃ駄目だよ。

マグレの木さんへ
そのとおり、夏は暑くなくては夏でない(暑ければ暑いで愚痴が出るが)。
それにしても「戻り梅雨」とは綺麗な言葉ですね。
自称草俳人の家内に伝えたら、感激したようで早速季語とし一句。
  戻り梅雨  二つ違いの  兄は逝く

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 城沼の花ハス ② | トップページ | 手筒花火と挫折 »