« 子連れ白鳥 | トップページ | 花菖蒲咲く »

2009年6月 1日 (月)

ツツジの子房摘み

散歩道のレギュラーコースであるつつじが岡公園で大勢のボランティアがツツシの子房摘みをしていた。

樹齢100年~800年をこす古木の数え切れないほどの子房を、一つひとつ摘んでいく単純だが根気の要る作業である。

それらの大木が一万株余あるのだから考えただけで気が遠くなるような作業である。

1 開園中のボランティア活動(園内ガイド・整理や清掃)にも感謝だが、閉園後の単純作業にはより一層の感激である。散歩途中ながら体験的に参加しほんの僅かながら「ツツジ」に寄与したつもりだ。

もちろん県や市の手厚い保護の下維持管理されてきたのだが、忘れてならないのはこれらのボランティアの積極的な活動によるものだ。数日間に及ぶ作業には近在の小中学生も動員して「館林のツツジ」の歴史を守ってきたのだ。

ボランティアの汗をみたら今年の花は良くないとか、散るのが早過ぎるとか入園料が高いなどと言えたものでない。

これらボランティアに支えられた県立つつじが岡公園は昨年を3万人上回る入園者があったそうだ。来シーズンも立派な花を咲かせ遠方から訪れる人たちに喜んでもらえるよう願って止まない。

« 子連れ白鳥 | トップページ | 花菖蒲咲く »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます^^
毎年、綺麗に咲くつつじですが
影でこういう努力があればこそ、、、ですよね♪
今年は行けませんでしたが
また来年は素敵なツツジが咲くようにボランティアのみなさま
頑張って下さいませb^-^)ネ!
ご苦労様ですm(_ _)m

子房摘みのこの時季が一番醜いつつじとなるが、この時季あればこそです・・・・来年に期待してください。
コメントありがとうございました。

林太郎さんこんばんは。
館林のツツジ公園の花摘みはたいへんな作業ですね。
この仕事をしないとツツジの樹が弱って来年良い花をつけないのでしょうね。

それにしても数が多いからたいへんですね。

kenさんへ
ボランティアの真似事で、散歩中に参加しましたが30分でダウンでした。
散歩中なのでと早々に退散したのだが、本当に大変な作業です。
改めてボランティアの皆さん「ごくろうさま」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子連れ白鳥 | トップページ | 花菖蒲咲く »