« 花菖蒲より花娘 | トップページ | 哀れ睡蓮 »

2009年6月18日 (木)

春の揚げ舟

「群馬の水郷」板倉町の揚げ舟は、春・秋の観光シーズンに運航しているが今年は間もなく終了のようです。

利根川と渡良瀬川に挟まれた土地柄、水害時の避難用に使われた揚げ舟を、「谷田川めぐり」の観光用として蘇らせ緑豊かな自然を満喫させてくれるのだ。

3 五船ほど用意され、1時間ごとの運航予定だがこの時間(14時)僅か2名の乗船客でもの足りなかった。

土・日のみ一日七便で40分間の遊覧が満喫できる。

午前中雨だったからか、それとも千円の乗船料では「高いのかなあー」。

« 花菖蒲より花娘 | トップページ | 哀れ睡蓮 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます^^
わ! これ、良いなぁー♪
もうお終いになっちゃうの???
乗ってみたいなぁー (^^)
いつまでなんだろうー?
とても風情があって素晴らしいのに終わりになるとは残念!!!
夏いっぱい運行すれば、みんな行くのでは?

理彩也さんへ
船頭さんがそれなりのガイドをしてくれるので、機会があったら楽しんでみては如何ですか。

これからの運航予定(天候により欠航有)
6月20・21・27・28日の土・日のみ運航
10時~16時まで1時間ごと7便

秋は9月10月の2ヶ月間の土・日・祝日の運行予定です。

林太郎さんおはようございます。
板倉町にこのようなところがあるのですか。
この板倉町は川に囲まれた地形なんですね。

私は今年渡良瀬の野焼きに行ったときにこの辺を通ったのでしょう。

船乗りが長閑な風景ですね。時間が有ったら行ってみたいですね。

今月はともかく9~10月にかけては板倉町の「コスモスまつり」が開かれるのですが、期間中は平日でも運航するそうです。
(まつりの日程はコスモスの咲き具合等によるので現在は未定だそうです。)
kenさんなら川面に咲くコスモスとの調和のとれた絵になるのではないでしょうか。
是非「谷田川めぐり」を体験してみては如何ですか。

濃緑の樹木が水面に映り、梢の声を聴きながらの癒しの時間。
そんな空間な時を、気のおけない彼女と楽しむのも、ロマンがあっていいなぁ~。
イメージの膨らませ過ぎ・・・て、ことはないでしょう。

マグレの木さんへ
まさに癒しの時間そのものです。
のんびりと谷田川の土手に座り込み、青い空と緑の木々そして川面を眺めながらの一時なのに、何故か一人なのが残念だ。
ロマンを求めているのに穿かない夢でしかない。

揚舟良いですよ~

私のブログで詳しく紹介してます。
ご覧になって下さい!
http://ameblo.jp/tatebayashi-itakura/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花菖蒲より花娘 | トップページ | 哀れ睡蓮 »