« 銀杏の黄絨毯 | トップページ | 元気な子 »

2008年12月 4日 (木)

女子高生のランニング

秋晴れの公園が気持ちよいのは散歩人だけではないようだ。

いつもの公園では近くの女子高校の生徒がランニングしている。体育の時間なのだろう教師が自転車で追走しゴール地点では記録を取っている。

学年やクラス毎の時間割にもよるのだろうが、午前中にこのような運動をして午後のイネムリが心配になるのだが・・・・。

Photo

        (後方からで失礼)

それはともかく校庭内の運動もそれなりに詰め込み授業からの開放感はあるだろうが、校外で汗を流すのは別格なようで全員がハツラツとした顔をしている。

しかし先頭集団は真剣だが間隔があいた中央からの集団はだらだらと已む無く走っているようだ。もっとも最後尾となる数人はお喋りしながらの歩きそのものである。

それでも頭の切り替えが出来てその後の授業に真剣に取り組めれば、効果のある体育の時間であると言えるのだ。

運動着を着たピチピチの女子高生とすれ違うのは、目の向け場所に困りながらも結構楽しんだ7,432歩でした。

« 銀杏の黄絨毯 | トップページ | 元気な子 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

ギャルを見る。古希を過ぎた初老が眼のやり場に苦心した。体力は別にしても、気力のみなぎりには敬服いたします。それにしても、深緑の樹木、紅葉のもみじ、黄葉の銀杏と木々が呼気する中でオゾンに浸った散策、眼の保養と心身の代謝は、一石二鳥での効用を得たことでしょう。
日中と日没後の温度差は株価以上の乱高下です。
健康があればこそです。益々にご自愛ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀杏の黄絨毯 | トップページ | 元気な子 »