« 女子高生のランニング | トップページ | 年末行事 »

2008年12月10日 (水)

元気な子

昨日からの雨も上がり小春日和となった公園内の広場では、付近の保育園の園児が駆け回っている。

若い保母(失礼、保育士)さんが園児と共に枯葉の敷き詰められた芝生で一緒になって戯れている。

Photo 勿論母親経験のある保育士さんもいるのだろうが、子育て未経験の独身と思える保育士さんが幼児を受け持つのは大変なことと思う。

他人の子供を怒らせず・飽きさせず・イライラさせず・楽しませるのだから並大抵のことではない筈である。

職業に徹すると言うよりも余程子供が好きで愛情がを持たなければ、このように園児の目線で一緒になって面倒見ることはできない。少子化時代の今、大切に大きく育てて欲しいと願うばかりである。

先日の女子高生に負けじと広場を走り回っている園児の、楽しそうな顔を目の辺りにして歩いた60分でした。

« 女子高生のランニング | トップページ | 年末行事 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

益々、少子化の拍車は止まりそうもありません。
屋外でノビノビと戯れる園児の写真をみた。
NHKで小中校の理数科、自宅での学習時間が世界主要国との比較調査が報道された。4年前に比して理数科離れ、それが%の落ち込みとなった、という。教育は百年の計です。今を考えることも大切なことですが、もっと教育に予算を投入(先進諸国の中で、国民総生産に占める教育費は下の方という)して、ながぁ~い将来を見据えた施策が必要じゃあ~ないかと思いますが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女子高生のランニング | トップページ | 年末行事 »