« 10月桜 満開 | トップページ | 渓谷 散歩?? »

2008年10月27日 (月)

古希  ボケ???

いつもの公園コースの一角に天高く聳え立つ立派な樹が城沼を見下ろしている。その大木を傾く夕日を背に三人の親子タヌキが見守っている。

その姿は雄大で青空に向かって直立不動の姿勢なので一層雄雄しく見える。

Photo 元来花木音痴なので樹名が解らないのは当然としても、何年か前に聞いたことがある筈なのに何の樹か思い出せない。偉い人の言葉と同じで「記憶にありません」・・・・だ。

実は最近TVを観ていても著名人や芸能人の名前が直ぐに出てこないので、妻に聞いても「ほら・・・」「えーと・えーと・・・」やはり直ぐには応えられない。

解っているのだが言葉として出ないのだ。そして何かの拍子に「あれは○○だ」といとも簡単に言葉に出来るので互に顔を見合わせしまう。

サラリーマン時代の同僚と逢っても咄嗟に名前が思い出せないことがある。

「元気そうだね」「お孫さんは・・・」「・・・・」などなど語りながらも誰だったかなー?。そして分かれた後そうだ○○だったなどと思い出すことがある。

これも認知症の入り口かも知れない古希認知症とでも言うのだろうか)、一度や二度教えてもらった公園の樹木の名など覚えている筈がない。

素晴らしい樹を眺め、しみじみ自己悲哀を感じた散歩だった。

« 10月桜 満開 | トップページ | 渓谷 散歩?? »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

「ウフフッ」なにか笑いちゃいますねねぇ。身どもも同じであります。若年認知症なんでしょうね。交際範囲が素浪人になったことで、極端に関わる人たちが激減したこともその一因だと考えています。素晴らしい眺め、その結果、・・・にはご同情申上げます。

私も来年古希ですが 古希認知症予備軍です。この大木 ポプラではないでしょうか
北海道大学内にポプラ並木がありますが
そのポプラに似ているような気がしますが
確かではありません。
朝からみぞれ模様の雨が降り続いています。
気温は3℃ 寒いね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月桜 満開 | トップページ | 渓谷 散歩?? »