« 釣りギャラ | トップページ | 毎日が敬老の日 »

2008年9月12日 (金)

交差点

我が家から沼辺コースにでるには市街地の裏通りを歩いても、大通りの信号機のある交差点を二度渡らなければならない。

若かりし頃は歩行者信号が黄色あるいは赤寸前でも走り抜けられたものだが、最近は青信号に変わるまで待って渡っている。

Photo 走れない・躓いたら・渡り切れなかったらetcいろいろ思考すると危険を避け自己保身が働くのだ。

空き地の角を曲がるとき、道路沿いに歩くより空き地の中を斜めに抜けたくなる心理と同じで、少しでも早くと通行車両の間隙を縫って横断したくなるものだ。

ルールを守ることは当然のことなのにそれが出来ないのが普通人である。

社会のルールを守らないことは危険であるばかりでなく、ドライバーにとってどれほど迷惑か逆の立場で考えたいものだ。

散歩は健康管理を兼ね新しい何かを見つける一歩なのだから、周囲を覗きながら楽しく歩くように心がけたい。

« 釣りギャラ | トップページ | 毎日が敬老の日 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

毎日のウオーキングですが 足の弱さに
痛感しています。歩道を歩くのですが
車の出入りの段差につまづきそうに
なります。特に夕方薄暗い歩道では
危険です。2,3年前までは苦に
ならなかったのに・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 釣りギャラ | トップページ | 毎日が敬老の日 »