« 花ハスと白鳥 | トップページ | 閑散プール »

2008年8月15日 (金)

古希を迎えて

今年も誕生日とともにお盆がやってきた。特に今年は「古希」という祝い事をお供に連れてきたのである。

毎年のことであるが誕生日にはケーキーに代わっての「おはぎ」と、ローソクに代わり思い切り息を吹きかけても消えないお線香で祝ってもらうのだ。

古希なれど 知らぬ振りする 我が子たち

そして我が誕生日は終戦記念日でもあるが、終戦どころか高齢者としての戦いがこれからまだまだ続くのだ。

また先日発表された平均寿命では、女性が世界第一位の85.99歳・男性はアイスランド・香港に次いで第三位の79.19歳であるが、そこに到達するのは10年も先の話でありまだまだ遣り残したことが無限にあるように思える。

文献に寄れば「古希」とは、中国の誌句に「人生七十 古来稀れなり」に由来しており、70歳まで生きることは古来まれであるという長寿の祝いであるようだ。

還暦は数えの61歳(≒満60歳)であるが、古希は数えで70歳(≒満69歳)のことであると記されている。

古希迎え 健康願いし 妻の顔

この誌句によれば古希は過ぎ去ったことになるが、一つの区切り・通過点と解釈し若年高齢者として頑張りたい。

いずれにしても肉体的にも精神的にもこれからが我が人生と思い、健康で自身の欲求を満たしつつ社会に還元できるものがあれば役立てていきたい。(立派すぎるかも・・・それとも意気込みだけ??)

« 花ハスと白鳥 | トップページ | 閑散プール »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

「古希迎え 健康願いし 妻の顔」~ホンとですか?~
優しい奥さんですね~ 私もあと1年数か月で古希を
迎えます。ウオーキングにパークゴルフにスキーに
カラオケに歳を忘れて 元気に生きたいものだ・・

うっかりしていました。
お誕生日おめでとうございます。
お互い歳をとりましたが、これからも元気に明るく楽しく過ごしましょう。

「目出度くもあり芽出たくもなし」微妙であります。
ちゅうき高齢者は働き盛りの満開です。
希望に明け、努力に励み、感謝をして眠る。それも健康だから出来ることだと考えます。
これからも奥方様ともどもに気遣いながらの人生、一生懸命に健康の日々を積み重ねたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花ハスと白鳥 | トップページ | 閑散プール »