« 我が家の居間 | トップページ | 散歩再開 »

2008年7月 5日 (土)

腰痛襲来

春先から起床時や靴下を履くときなど腰を曲げた時に腰の痛みを感じていたが、その日の活動が始まると痛みなど忘れて一日過ごせたものだ。

それが先日腰の激痛に襲われ立ち上がることも洗顔後に直立することも出来ず、またトイレや寝起きも必死の思いで過ごした。(ギックリ腰ではないようだ)

幸い96歳の母のため高齢者用手摺りが取り付けてあったので、介護保険のお世話にならなかったものの辛い日々が続いた。(保護棒は母の専用でなく今後は若い年寄りが常用するようだ)

整形外科医院でのレントゲン検査の結果では、年齢の割には骨や関節はキレイで異常ないが、腰の筋肉が強張り固くなっているので痛みが生じたとのことである。

痛み止めの注射と飲み薬や湿布薬が処方され暫らく安静にするようにとのことである。

妻が腰痛のとき「腰くらいでなんだ」「少し横になれば良くなる」と問題にしなかったが、腰がこれほどの痛みを伴うものとは想像外であった。

なるほど腰は人体の中心で(大黒柱)全ての体重が課せられる場所であり、屈伸やその他全ての動作が影響するようだ。・・・・納得

Photo 当分腰を庇い散歩を控えなければならない。元気に歩ける日まで庭の花でも眺めて我慢しなければならない。梅ノ木に絡みついたノーゼンカズラの花

« 我が家の居間 | トップページ | 散歩再開 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

もう30年前でしたが 腰痛に苦しみ 北海道各地の
治療院を探して車を走らせたほど 腰痛で苦しんだ。
定年後 ウオーキングを始めた。初めは100mも
歩かれない・・少しづつ少しづつ距離を伸ばして
今では10kmほど歩けるようになった。
苦しんだ腰痛も無いわけではないが我慢できる
ほどになっている。
札幌大通り公園にはアメリカノーゼンカズラの
花が咲いている。札幌の夏の始まりだ・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家の居間 | トップページ | 散歩再開 »