« キャット会談 | トップページ | ブログ仲間 »

2008年7月20日 (日)

わが街の猛暑対策

梅雨が明けると夏が来る・・・イベント好きな舘林では19~20日の「舘林まつり」につづいて26日の「手筒花火大会」、8月の「七夕まつり」そして「ハス花まつり」と矢継ぎ早に開催される。

Photo_3 これらの祭りは猛暑の中で行われるが、舘林は高気温に恵まれている土地柄昨年は35℃以上の猛暑日が14日連続し、特にお盆の15~16日は40℃を超へ岐阜県多治見市埼玉県熊谷市に並び名を馳せたものである。

そこで舘林では厳しい暑さに負けないように、今年6月に「暑さ対策本部」を発足させ各専門部ごとに様々な対策を検討してきたようである。

その第一弾が先日から実施されている猛暑日に市内の小中学校の給食に梅干メニューを取り入れたことである。(夏バテ予防・熱中症対策に効果あり)

Photo また市役所正面玄関前に高さ2㍍余の気温を表示するアクリル板温度計を設置し、猛暑日には警報を発令し広報車やHPで市民に知らせている。(注意警戒など指針を掲示できる)

Photo_2 第二弾として17日には舘林駅前広場に長さ15㍍の「ミスト散布装置」を備えた朝顔棚を設置して、高圧の水を小さなノズルから霧状に噴射し気化熱で冷気が味わえる。(体感温度が5℃以上下がるという)??

そして商店街では真夏日に「熱っちっちセール」を行い買い物をすると先着120名に日傘か扇子をプレゼントする。また「打ち水」も行い一時の涼を感じることができる。(市内の活性化にも一役)

各家庭ではつる性植物で窓を覆う「緑のカーテン」で、クーラーによる排出ガスの削減や涼化対策に協力している。(協力者の増加に期待)

猛暑日は  夫婦仲良く  一部屋で

昨年市内で31人の熱中症患者を出した国内有数の猛暑地での行政と市民一体となっての対策である。・・・・大いなる効果を期待したいものだ。

« キャット会談 | トップページ | ブログ仲間 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

梅雨があけて猛暑続きらしいですね~
肥満体の私には耐えられrません。
北海道はこの数日25℃前後の爽やかな
日が続いています。
あっちっちセールなんてユニークですね。
「猛暑日は 夫婦仲良く 一部屋で」は
なお暑~くなるのではないでしょうか!

換気のよい家屋のはずですが、夏は暑く冬涼しいのには閉口します。机が西日をまともに当たるので、今年は朝顔のつる・・・。ですが、窓を覆い隠すには秋になちゃうのうか。皆目見当もつきません。それにしてもsibuyaさんの言うとおりで、睦ましいのは喜ばしいことですが、火傷をしないようにしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャット会談 | トップページ | ブログ仲間 »