« 新緑の散歩道 | トップページ | 高齢者散歩 »

2008年5月18日 (日)

スカル訓練

沼辺コースの城沼は白鳥や鴨が北国に帰り寂しくなった代わりに、「つつじまつり」の遊覧船や観光用ボートのために一時中断していた競技用ボートが走り出した。

Photo 競技用ボートは単独(シングルスカル)と二人乗り用(ダブルスカル)、そして4人の漕ぎ手プラス指示者の5人用と長大なボートまである。

平日の午後は高校生達が教師の指導で汗を流しているが、休日はOBや愛好者も混じり一層賑やかになる。

あまりにも気持ちよさそうに疾走するので乗ってみたいと思うが、船幅が狭く乗船できそうもないしまた転覆しそうで、ただ見ていたほうが安全で爽快な気分になれる。

Photo_3 艇庫から細長いボートを掛け声と共に頭上に掲げて水面まで運ぶ姿は力強いが、一旦停船すると俯いて肩で呼吸しているのが岸辺からでも判るのでかなりの運動量のようだ。

教師がモーター付ボートで伴走しながらメガホン片手に檄を跳ばしているが、当地ではスカル競技訓練の日が浅いので全国大会やその他の大会では目立った成績は残してない、目下アスリートを発掘し養成中というところである。

Photo_2 開会まで3ヶ月を切った北京オリンピックには間に合わないが、次のロンドンやその次に照準をあわせて今日も何往復も汗を流しているのだろう。

この沼辺の散歩コースを、女子高校生の溌剌とした掛け声を聞きながら歩くのも楽しみの一つである。

« 新緑の散歩道 | トップページ | 高齢者散歩 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

暑くもなく寒くもない爽やかな今、何のスポーツをやるにしても絶好の季節です。己には快汗より冷や汗の方が多いが・・・若者の張りのある声は良いものです。昨日、姪の子供の野球応援を山梨・富士吉田市の富士山麓公園(野球場)に行った。春季高校関東大会である。栃工と対戦し5対0で完勝した。バックスクリーンの真うしろ、雲から顔を出した富士山からの風は冷たく、山襞に残雪が一杯、やっぱり日本一の山でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新緑の散歩道 | トップページ | 高齢者散歩 »