« 雪タヌキ(だるま) | トップページ | 雪見酒 »

2008年2月 4日 (月)

雪の花

降雪から一夜明けたら路面の一部は凍結し、陽あたりの良い場所はグチャグチャ路、それでも雪の感触に浸りたいとおぼつかない足取りで公園散策に飛び出した。

雪解けに  ヨチヨチ歩く  70歳

Photo

公園の見慣れない雪景色は格段にに美しく、これが我が街なのか何処か知らない場所ではないかと疑りたくなるようだ。

Photo_2 Photo_3 8                                              

先日開花した紅梅も、白い綿帽子を被りコントラスト良く見事に雪に映えている。

9 10                                       

また当地が誇るツツジも4月の出番を待つように雪の重みに耐えている。

節分に  見事に咲いた  雪の花

雪の感触や風景を何時までも眺めていたいのだが、再度のチャンスに期待して本日の散歩は6,915歩で打ち止めとする。

« 雪タヌキ(だるま) | トップページ | 雪見酒 »

「気紛れ写真」カテゴリの記事

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

雪解けに ヨチヨチ歩く 70歳ーいい川柳ですね~
この季節 我が北海道ヨチヨチ歩いていると
体が凍ってしまいますよ?だからスタスタ歩いて
います。だから転ぶのでしょうね。

兼六公園並みの雪景色、城沼近辺でしょうか?
それにしても、北海道の粋人のコメントやプログは軽妙にして洒脱な文章、なかなかのものです。アルコールでほろ酔い気分は三献が限度なんていっておりますが、どうしてどうして、かなりの酒豪とお見受けしてます。
飲む量は人さまざまです。百薬の友として永らくのお付き合いをしてまいりたい、と存じてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪タヌキ(だるま) | トップページ | 雪見酒 »