« 今年も咲いた 梅の花 | トップページ | 雪の花 »

2008年2月 3日 (日)

雪タヌキ(だるま)

目覚めれば  あたり一面  銀世界

何年ぶりかの積雪に今日は炬燵の番人なぞできるかと、子供のように小躍りしカメラ片手に降りしきる雪道を歩いてみる。

4 爺の散歩コースの一つである茂林寺境内では数人のカメラマンがパチリパチリ。

足跡のない処女地を撮影するため暗いうちに来たそうです。

また同年輩と思えるご夫婦は、雪が降ったら何処、霧のときは・そして○○の花の時季は何処と常にイメージしているそうです。(なるほど勉強になりました)

1 何はともあれ爺も早速「たぬきちゃんこっち向いて」と白づきんを被ったタヌキに呼びかけると、寒さに耐えてじっと絶えていたのにニッコリ微笑んだように見えた。

雪とは特別の力があるのか毎日歩いている公園や爺の専用散歩道が、別世界のように見えるから不思議である。

雪国の方々は変に思われるか知れないが、雪に接しただけでウキウキした気分となり無性に楽しい一日であった。

3

« 今年も咲いた 梅の花 | トップページ | 雪の花 »

「気紛れ写真」カテゴリの記事

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

雪に接しただけで心ウキウキ 楽しい一日だった・・
とのコメントに 北海道の雪深い地域に住む者に
とってうれしいコメントです。
我が娘が嫁いだ道北では‐20℃~‐30℃の極寒
が続いているようです。
我が地域のpm7時の気温は-3℃ 暖かい・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も咲いた 梅の花 | トップページ | 雪の花 »