« 年の瀬 | トップページ | プールの鴨 »

2008年1月 4日 (金)

初歩き

明けましておめでとうございます。

初日の出・初夢・書初め・初・・・初・・・心新たに初づくし、そこで初詣を兼ねて正月メタボリック解消のため初散歩を試みた。

Photo 4日ともなると田舎の神社への初詣は参拝人も僅かで普段と変わらぬ様態であるが、由緒ある尾曳神社は元旦から3日間は寒空の下で暫らく並ばなければお参りできなかったほどである。

爺も神殿に手をあわせ、健康や家族その他諸々を一年分まとめて祈願した。(これではご利益はないか?)

今日から多くの人が仕事初めなので平常の生活に戻ったためか、我が散歩道も何時もと変わらぬ情景である。

沼辺では釣り人が寒風の中で釣り糸を眺め、レギュラー散歩人は上州名物の強風を楽しむように談笑しながら歩いている。

正月プラス寒気なので炬燵派が多いのではと思いきや、まだまだ元気な仲間達に安心した。

今年も散歩人健在なり。良い年になりそうだ。

« 年の瀬 | トップページ | プールの鴨 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

子供たちが巣立ちした高齢者の我々には、松の内を潜り抜け新しい年に、チョット戸惑いを感じざるをえない。結果的には予報どおり、この一週間は運動不足でありました。
昨日、二人の孫を連れて貴船神社へ初詣、畑が駐車場、沿道に屋台の店が連なり賑わっておりました。
精神統一をして「二礼・二拍・一礼」し、神への崇高を表してきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年の瀬 | トップページ | プールの鴨 »