« 秋色散歩道④ | トップページ | 公園散歩道 »

2007年11月15日 (木)

カラスの集会

立冬過ぎたのに何故か今日も小春日和りの暖かい日になった。

公園の広場でカラスが群がって飛び跳ねているのに出会い一瞬たじろいだが、珍しいので暫らく眺めることにした。

通常木の上か空中を飛んでいるいるカラスが、芝生の上に一群となっているのにお目にかかったことはない。

小春日和に誘われて何かの集会か運動会でもやっているのか賑やかなことである。

同じ鳥類でも他の鳥達なら微笑ましい光景だが、カラスだと異様に思えるから不思議である。

落下した木の実でも食べているのか滅多に見られない光景なので・・・「はいポーズ」。

しかしあまり近づけず、飛び立ったりして思うように写真を撮らせてくれない・・・・残念無念

今日も変わった場面に出会へて、楽しい散歩となった

Conv0001 Conv0002 Conv0003

« 秋色散歩道④ | トップページ | 公園散歩道 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

その通りで、地面での沢山のカラス、確かに珍しい光景です。多分、縄張りを共有するため集会をしていたのではないだろうか。これから越年を迎え、餌の供給源(自然の恵みや家庭のゴミも厳重になった)が乏しくなるので、鳩首ならぬ烏首集会で区域の割り振りの協議ではありませんか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋色散歩道④ | トップページ | 公園散歩道 »