« 公園ベンチ族 | トップページ | 秋色散歩道① »

2007年10月28日 (日)

散歩日和

台風一過の日本晴れ、経済的・時間的に余裕のある人々にとっては行楽日和であるが、しがない生活の爺にとっては絶好の散歩日和でもある。

風もなく緩やかな陽射しに包まれた公園は、散歩しながら眠気を催すような心の癒されるオアシスである。

歩き疲れて僅かに汗ばんだ身体をベンチに横たえるとほっとした気持ちになる。

眺望の効く公園のベンチで青い空を眺め、木立からの鳥の鳴き声を聞きながら何も考えずボート瞑想にふけっていると、先日のベンチ族の気持ちがよく理解できる。

これほどのんびりできて平和な時を過ごせるならば、時折公園ベンチ族の仲間に加わりたいほどである。

ベンチに掛けなくとも芝生に寝そべって大地と接するだけでも良い、ただ黙々と歩くだけでなくこんな時の過ごし方もあることを痛感できた一時であった。

« 公園ベンチ族 | トップページ | 秋色散歩道① »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事