« 散歩道の花③ | トップページ | 古代住居(縄文邑) »

2007年8月24日 (金)

病院のロビー

先日散歩がてら市内の大病院に入院している知人のお見舞いに行き、異様な光景に遭遇した。

総合受付前のロビーで音響効果のあるスピーカーから流れるメロディーにあわせて、揃いの着物の綺麗どころ(昔の娘)が花笠音頭ゃ串本節etc7曲を披露していた。

もちろん椅子等は片隅に追いやられ、ロビー全体を臨時舞台として使用してのことのである(カメラを持参してなかったのが残念)

病院とは治療を受け療養する静かな場所とのイメージなのだが(昔人の爺の頭の中では)。

治療に来た人や長期入院している方々も車椅子で集合し盛んに拍手を送っていたが、どんなにか心が安らぎ癒されたことか。

介護施設やその他の場所等で慰問に訪れるボランティアのメンバーと思うが、受け入れた病院側の試みは素晴らしいものである。

治療等に支障ないならばこれからもこんな催しを期待したいものだ。

« 散歩道の花③ | トップページ | 古代住居(縄文邑) »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩道の花③ | トップページ | 古代住居(縄文邑) »