« つくし道に咲く菜の花 | トップページ | 日本一 館林のつつじ① »

2007年4月19日 (木)

帰らない白鳥

                                                    0746_007 館林の「鯉のぼりの里まつり」は5月13日までだが、その鯉との別離が辛いのかそれとも 館林の食事や風土が合っているのか、白鳥が一羽 今日も鶴田川で優雅に泳いでいる。

0746_008 仲間達は北へ帰ったのに仲間はずれになったのか、帰れない理由があるのかただ一人で楽しげに鯉と戯れているように見える。

越冬ならぬ越夏の覚悟か??・・・・・特に館林の夏は暑く過酷な日々が続くのに、そんなことは知らずに悠然と泳いでいる。

0746_004 当分我々を楽しませてくれると思える「白鳥さん」に感謝の意でパチリ。

« つくし道に咲く菜の花 | トップページ | 日本一 館林のつつじ① »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

「中にゃトボケタぁ~奴もいぃる。」浪花節の名文句ではありませんが、渡り鳥でも十羽十色で風変わりの
白鳥がいても・・・だが、それでも不思議なことですね。でも、承知して電車に乗らないのかも?
又は、人間の温暖化で自然が怒ったのか、異常な天候に白鳥も何か誤作動を起したのか。訴えることができない、悲しいことです。これからのこと、見守ってやるしかないのかしら・・・ね。

本日よくよく観察したところ、夫婦と思えるもう一羽がおり仲良く泳いでいた。
これからもいろんな姿を見せることでしょう。
楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つくし道に咲く菜の花 | トップページ | 日本一 館林のつつじ① »