« 初歩き | トップページ | 路地裏散歩 »

2007年1月12日 (金)

爺の七福神

穏やかな晴天に恵まれ正月ならではの特別コースを歩くことにした。

七福神めぐりは随所に所在し正月の風物詩の一つでもある。最近「町おこし」のために新たに設定する等(1/9NHK放映)最近では決して珍しくない。

我が町の「七福神」めぐりは3社4寺から成り立ち、内5ヶ所は爺の設定した散歩④コースに含まれている。神社の一つは全くの別方面なので散歩途中に迂回するというわけにはいかず帰宅後の出直しとなる。残った一寺は隣町でもあり車使用を余儀なくされる。

4_7 普段は横目で眺めて素通りしている神社や、多くの方々が眠るお寺も今日は手を合わせ新鮮な気持ちで参拝するから自分でも不思議である。

弁財天の祭ってある神社は特別の想いがある。昔むかしのその昔結婚式を挙げ我が家庭が誕生した由緒ある神社なのだ。あれから45年、健1_5 康で幸せな今があるのも七福神の守りあってのことか・・・・・いつもの素通りを改めて、これからは今日だけでなく傍を通る都度お参りしよう。(良い心がけだが何時まで続くか)

2_7 七福神めぐりは心を改め新たなスタートに相応しく頭を下げ祈願するものなのだ。無信仰の人も今日だけは宗教宗派に関係なく熱心に願い事を唱えているようだ。

普段から神仏を信じているのかそうでないのか不明だが・・・・・お参りする時は信仰心に関係なくその気にさせるものがある。

5_5 今日は七福神めぐりの神仏参拝でご利益大なるも、いつもの3日分以上走破したことになり明日の散歩は・・・・・休止としよう。

« 初歩き | トップページ | 路地裏散歩 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

非常によく納得であります。
2007年の松の内、期待はしないものの、白い画用紙には、誰でもが願いの実現を描くものと思います。
「七福神めぐり」結構な話ですが、翌日は休止では効果が降下するのではないでしょうか。

不精の「マグレの木」が言えることにあらず、
だが、是非とも、健康保持の為にも休止などをお考えめさることがないよう、希望いたします。

「マグレの木」のご助言に従い、無理の無い範囲で休日返上とし頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初歩き | トップページ | 路地裏散歩 »