« 散歩規制緩和 | トップページ | 爺の七福神 »

2007年1月 6日 (土)

初歩き

新年5日は穏やかな晴天、小春日和に促され初詣ならぬ初歩に出かけた。

起床時は空き地の芝が霜で真っ白であったが、太陽の上昇とともに気温も上り先ほどまで白い息を吐きながら歩いていたのに、歩くほどに汗ばんできそうだった。

沼の片隅では氷結した場所も見られたものの、水面はさざ波が立ち多くの水鳥たちも縮こまって泳いでいる。また一部の鴨は浮島に上がって日向ぼっこをしているいつもの光景であった。

いつもの散歩仲間達は年末年始も欠勤することなく歩いていたのか、何時もと変わらぬ元気一杯の姿と行き交い安堵した。

いかに散歩仲間とはいえ「おはよう」「今日は」「相変わらず元気ですね」の挨拶は交わしても、「おめでとう」の言葉は出なかったし爺も言えなかったから不思議である。

たとへどんなに冷え込んでも今日のように穏やかな日差しがあり、微風なら冬とはいえ最高の散歩日和なのだ。

やっぱり歩くことは爽快な気分になるので、多少歩行距離を減じても散歩(速歩)はまだまだ休業するわけにはいかない。

これからは無理のない範囲で歩き、道端に咲く花を眺めデジカメに納めながら歩き続けたい。(散歩緩和策は当分凍結)

« 散歩規制緩和 | トップページ | 爺の七福神 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

新年明けましておめでとうございます。
久しぶりプログを開封いたしました。
爽快な汗は気持ちもほぐれて、穏やかな気分。
爺さんより若干若いものの、生来のものぐささ
ゆえ、俺も・・・とはいかない、歯がゆい性格は改められない。
今年もたのしい散策での見聞、拝読することに専念いたします。

新年早々、朝の散歩には、敬服致します。
 何事も続ける事が、大切ですね。
 私も、見習って、この冬を乗り切りたいと 思います。

いつもコメント頂きありがとうございます。
お二人に励まされ今後の励みになります。
・・・・「継続は力なり」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩規制緩和 | トップページ | 爺の七福神 »