« 散歩人⑧ | トップページ | 寒散歩 »

2006年12月 4日 (月)

カカア天下

今日も晴天で穏やかな散歩日和となりましたが、まもなく赤城颪(赤城おろし)が吹き散歩を躊躇する季節が近付いてきました。

そして上州名物「カカア天下と空っ風」と言われる我が地方特有の風も間もなく吹き荒れそうです。

空っ風は兎も角、カカア天下とは亭主関白の逆で女房が亭主を尻の下にする、女房に頭の上がらない亭主の意(我が家は違うが)のようである。

これが某TV局のリポーターの解釈によると「俺のカカアは天下一」となる・・・・納得

天下一とは日本一の意であり、女性らしく(育児はもちろん家事全般)全て兼ね備えた女房と言うことになる。・・・・・大納得(上州の女房でよかった)

今日は風がなく冬には珍しく暖かい日であるが、先日放映されたカカア天下を思い出しほくそ笑みながら、いつもの散歩コースを歩いてきました。

上州にお住まいの皆様・・・如何ですか、ご納得していただけたでしょうか。

« 散歩人⑧ | トップページ | 寒散歩 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

カカアの天下一品は、昔「上州の専売特許」、昨今では、天下一品も世界に蔓延して居る傾向があるかも知れません。
自立に欠ける吾れにしては、「神さん」は空気の
如くで、敬う前に傍に居る。それが当たり前のこと
で、交友での会話は虚勢を張って、亭主関白が「当然」てな顔面をする。だが、よぉ~く考えて見ると
、結果的には女房の掌の中で操られている。
これも己の一人よがり、かも、しれません。

早速のコメントありがとうございます。
「カカア天下と空っ風」の真ん中で、これからも生きていきます。

「カカア天下」昔から言い伝えられていますが、私の身近な上州人は「カカア天下」でもあり「天下一」でも有るようです。
それでお互いが納得をして早ウン十年。
これからも末永く寄り添ってゆく為の必需品では無いのでしょうか?
良かったですね、上州の妻に来てもらえて(笑)。

mieup344さんへ

これは誉めていただいたのでしょうか?。
空気のようであったり。必需品であったり上州の「カカア」は大変ですよね。
でも先の見えた人生お互い楽しくやってゆきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩人⑧ | トップページ | 寒散歩 »