« 狂った「つつじ」 | トップページ | 散歩人⑦ »

2006年10月18日 (水)

青空会談

絶好の行楽日和り・散歩日和り、天気よければ気分爽快、誰しも家に居られず歩き出す陽気である。

そしていつものように散歩道途中の幼稚園前を通りかかったときのことである。

園児を送ってきた主婦たちが6~7人のグループとなり、園の柵の中や駐輪場の傍あるいは道路の端で青空会議開催である。

先生に我が子を託した後用もないのに直ぐに帰宅しないのは専業主婦なのだろう。子供が同じクラスなのかそれとも隣近所の仲間なのか賑やかなものである。

傍を通過するだけなので内容は聞き取れないが、姑がどうだとか、近所の噂話や主人が夕べ飲んで午前様だったとか・・・・・とりとめのない話題なのだろうが毎日のことなのによくも話題があるものだと感心する。

また少し離れた場所では、送ってきた園児の弟妹を足元に見やりながら携帯電話を使用してる主婦もいる。旦那は会社、子供は学校だし誰と話してるのかなーー(失礼・余計な詮索はしないこと、大きなお世話だった

でもこの青空会議場こそ子育て中の主婦のストレス解消場所であり、日頃の鬱憤を吐き出し明日への平和な家庭生活の糧なのだろう。

ともかくこの園児達が世間の話題のような事件に巻き込まれずに、元気に育って欲しいと願うばかり。

« 狂った「つつじ」 | トップページ | 散歩人⑦ »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

コメント

なるほど!そんなことだったのか。得心いたしました。
わが家の妻も、姑たちとの接触から解放された一時を、こんな形で「ウサ」を晴らして、子育てにいそしんだものと考えます。
散歩の途時、さりげない情景に出合い、小耳に挟んだ会話ですが、身に覚えもあって「家の奴に限って、こんなこと・・・」と、なんか背中のあたりがコソバユイ感じです。が、今更詮ないことで、リタイアした老いぼれ、どうにもなりません。苦笑するのみです。

共鳴していただき有難うございまする
やはり同年輩、年金生活者の気持ち理解してもらえますね。

当たっているけどお説教が多いみたい!!
お爺さんのたわ言かしら。

昔むかしの経験からの思い出、若い美人たちに
何かの参考にならないかなー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狂った「つつじ」 | トップページ | 散歩人⑦ »