« ウオーキング | トップページ | 麦藁帽子 »

2006年8月17日 (木)

車椅子の夫婦

先日汗の吹き出るような午後、車椅子に乗った妻とその傍らに寄り添う夫が公園の木陰で涼しい風に吹かれて、休んでいる場所を通りかかったときのことです。

意味不明の言葉を発する妻に何一つ苦情も言わず、そっと身体をずらせたり車椅子を移動する姿を見てなんと素晴らしいことかと感動しました。

互いに健康なときには気が付かないことも、不遇な環境にあるとき人間の本当の姿が出るのかもしれない。

この光景を見て近付く将来の自分を想像してしまいます。

そういえば時々散歩中にすれ違ったような気がします。

  • 車椅子  妻に寄り添う  老夫婦
  • 車椅子  乗って気が付く  夫婦愛 
  • 車椅子  健康時より  愛ふかし 

« ウオーキング | トップページ | 麦藁帽子 »

「田舎爺の気紛れ記」カテゴリの記事

「見たまま五七五」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135502/3094557

この記事へのトラックバック一覧です: 車椅子の夫婦:

« ウオーキング | トップページ | 麦藁帽子 »